2018年04月06日

「るろうに剣心 伝説の最後編」観ながらブログ書いています。

こんばんは、やじです。
新年度ですね。外は強風。会社からの帰路を原付で走っていましたが、ビル風が強すぎて、車線はみ出しました。

さて。帰宅してテレビを付けると。。金曜ロードSHOWで「るろうに剣心 伝説の最後編」が放映。
珍しく観ています(基本、邦画は観ないんですよ)。
るろ剣の「京都編」。やじも十本刀との戦いは何回も(コミックを買って)繰り返し読みました。

比古清十郎と破軍乙 不二の戦いは・・・いまだに見開きで比古が登場した場面は脳裏に焼き付いています。
アニメ版でも池田ボイスの為、実にカッコよかった。。

「その十字傷は、緋村抜刀斎だな」

テレビから流れた来た蒼紫のセリフに違和感・・京都が初顔合わせになってるのね。。

嫁が言っていました。
「るろ剣のファンも観に行くだろうけど、あれは「佐藤健」を観に行くんだよ」

確かにね。
漫画やアニメを実写化するのは、すこぶる難しいし、無茶なのは重々承知しています。
邦画を基本観ないやじも、好きなアニメや漫画や小説が実写映画化する度に観に行きました(タレント目当てでは行きません)。万能鑑定士やモザイクオーガンする奴。。。上映中に帰ろうかと思いました。(当時、結婚前に嫁と一緒に行きました。途中退場を嫁に咎められました)

何カ月もかかって描かれた物を2時間ほどの枠に収めるのは不可能なのは分かります。原作通りも不可能なのは
分かりますが。。。

やじはマーベルシネマティックユニバースの映画が大好きです。映画を観て、ブルーレイ買って、フュギィアも集めて。。
これも傍から見れば・・・・ですよね。

アメリカの方々も、やじと同じ様に自分の国の漫画の実写化は思う所あるのかな。気になります。

とは言え、「映画、小説、漫画、アニメ、メディアは違っても良いものは良い」とやじは考えております。
自分の琴糸に触れる物に出会えるかどうか。それが大事。やじは自分の琴糸に触れる仕事を今も探しています。

あ、斎藤一が牙突で闘ってる。そうそう、昔、斎藤一の子孫とコンビニで一緒に働いていましたよ。

ではまた。





posted by やじ at 22:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。